踵(かかと)の痛み。

中山接骨院

028-636-3272

〒320-0841 栃木県宇都宮市六道町10-19

<営業時間>午前10:00~12:00
午後15:30~19:00
土曜日(午前)9:00~12:00
 休診日 日曜日・祝祭日

ブログ

踵(かかと)の痛み。

院長のつぶやき

2022/06/23 踵(かかと)の痛み。

主に小中学生でスポーツをやっている人の中には「踵(かかと)」の部分が痛くなるお子さんが意外と
多くいらっしゃいます。この場合少し広めの解釈となりますが、「シーバー病」や「踵骨炎」「アキレス
腱炎」「足底筋膜炎」等が当てはまって来るものと思われます。どれもこれもなかなか治療が難しいもの
ばかりです。レベル的には治らなくともその担当医の責任ではないと言えるでしょう。

当院にもこれらの症例が毎月何人も回って来ますが、多くの患者さんは少なくとも何件かは「接骨院」や
「整形外科」を受診しています。これらの症例は通常の健康保険を使った治療で治る可能性はかなり低い
ものです。「治らない」とも言い切れませんが、治った方はかなり運が良かったものと思われます。

上記にある4つの症例は痛む場所にも問題がありますが、根本的に治療しなければならない部位が別に
あります。それはふくらはぎの筋肉「下腿三頭筋」であり、その深部に潜む「脛骨神経」だったりします

多くの院では痛む場所に電気をかけてくれたり、マッサージをしたり、薬を塗ったりする事と思います。
でも、これでは治ることはありません。何故なら痛む場所と悪い場所が違うからです。しかし、痛む場所
に何かしたくなるのは人情と言うもの。私も20年以上前はそのような事をやっていた事もありました。
気持ちはわかります。

それでは「下腿三頭筋」や「脛骨神経」を丁寧にマッサージをすれば治るのか?と言われたとしますと
もしかすると、治るかも知れません。とお答えする事となります。この場合問題は症状の程度問題と、
術者の能力の問題が出てきます。治る可能性はありますが、治ったとしても結構な時間や期間が掛かって
しまうことは容易に想像できます。

私どもの院では筋肉や神経を柔らかくする為の機器として「マイクロカレント」(微弱電流治療器)
を使用しています。操作が難しい機器で術者側(治療する人)からは敬遠されがちな機器なのですが手練
れた先生ですと驚くような効果を期待出来ます。

多分上記のような症状であれば、かなり拗らせているとしても、3~4回程度でかなり良くなるものと
思います。

 

 

中山接骨院

電話番号 028-636-3272
住所 栃木県宇都宮市六道町10-19
営業時間 午前10:00~12:00 / 午後15:30~19:00 / 土曜日(午前)9:00~12:00
定休日 日曜日 ※土曜日と祝日は午後休診です。

当店Facebookページはこちら
http://bit.ly/2dgzNZs

TOP