しっかり治そう「野球肘」

中山接骨院

028-636-3272

〒320-0841 栃木県宇都宮市六道町10-19

<営業時間>午前10:00~12:00
午後15:30~19:00
土曜日(午前)9:00~12:00
 休診日 日曜日・祝祭日

ブログ

しっかり治そう「野球肘」

院長のつぶやき

2022/06/21 しっかり治そう「野球肘」

昨日の月曜日は野球のお子さんしかも新規のお子さんが多く来院されました。明日は栃木県内の高校野球
の抽選会もあり、コロナも随分下火になって来たと言う事で、部活も通常モードになり、やっと今までの
日常が帰って来たという感じですかね。

学生さん特に野球のお子さんが当院に来られるのは、この高校野球栃木予選(夏の甲子園予選)の前が
一番のピークで、痛みのあるお子さんも来ますが、メンテナンスや、肘や肩の確認で来院されるお子さんも
多くいらっしゃいます。

特に一度「肘」を痛めた事のあるお子さんは「野球肘」がトラウマになっている事が多く、何かと心配
になって来る事が多いようですね。でも、それ程までに心配しないでください。基本的に当院で治った
「野球肘」がもう一度痛くなったと言うような事は今まで一人しかいません。再発したそのお子さんも
3回ほど治療を行い完全に良くなり、また投げていましたね。

確かに、一般的な普通の治療では「野球肘」のような難易度の高い症例の治療には限界があります。
通常に行われる治療では絶対に治らないと言う事もありませんが、仮に「通常」の治療で治った場合では
なかなか高い「再発率」の問題があります。一般的な治療の場合主眼は「痛みを取る事」に注がれます。
「臭いものには蓋をする」いわゆる、対処療法というものを行う訳です。ですが、私と中山接骨院の場合
は「痛みをとる方法」が異なり、「マイクロカレント」を使って元の健康な状態に戻してあげると言う治療
を行います。つまりこの場合「肘」と「周りの筋肉」が「新品」になるといった感じになります。
これなら、基本的に再発の問題は無いと言っても皆様納得していただけるのではないかと思っています。

同じ痛みが取れた状態でも「完全に良くなった状態のもの」と「小康状態の中、痛みが消えている状態」
のものとでは、これからの野球人生のも大きな差が出てしまうことは、自明の理 どちらの施術を受ける
べきかは言うまでもありません。

私も毎月当たり10人は少なくとも「野球肘」を診て治しております。ですから年間ですと100人を超えて
来ると思いますが、ここ数年でしっかりと治ったはずの野球肘が数か月で再発してしまった患者さんは、
お一人だけです。ですがこの患者さんも野馳に回の治療で回復しています。

「野球肘」は一般的には非常に治りにくい「スポーツ障害」の一つですが、飽くまでも健康保険内での
治療に固執してしまった場合の話であり、自由診療枠での治療が可能な方には必ずしもそこまで治りにくい
症例ではないと私は思っています。

 

 

中山接骨院

電話番号 028-636-3272
住所 栃木県宇都宮市六道町10-19
営業時間 午前10:00~12:00 / 午後15:30~19:00 / 土曜日(午前)9:00~12:00
定休日 日曜日 ※土曜日と祝日は午後休診です。

当店Facebookページはこちら
http://bit.ly/2dgzNZs

TOP