「総論」の重要性

中山接骨院

028-636-3272

〒320-0841 栃木県宇都宮市六道町10-19

<営業時間>午前10:00~12:00 / 午後15:30~19:00 / 土曜日(午前)9:00~12:00

ブログ

「総論」の重要性

院長のつぶやき

2021/05/07 「総論」の重要性

今日は金曜日 連休が終わったとは言え明日からまた連休という方も多いのではないでしょうか?

昨日は、まるで月曜日のような感じで新患さんが多く来院されました。むつかしい症例の
患者さんも多く来院され、緊張感の続いた中山接骨院でしたが、今日も新規の患者さんが多く
来院され、なかなか大変でしたよ(有難いことですが)。

そんな感じで随分認知されるようになって来ましたが、それにも輪を掛けて難しい症例の
患者さんが本当に多く来院され続けています。中には初めて診る症例の患者さんも最近は多く
解剖学書とは学生時代よりも仲良くなったような感じさえしています。(調べる時間が増えた
ということ)

医学の世界に限らず学問には「総論」と「各論」というものが存在します。今まで私は各々
の症例の習熟や勉強だけに特化してきたような気がします。言うまでもなく「各論」というもの
は個別に学ぶものですが、私はそれだけでいいような感じがしていまして、「総論」(全体)
というものは建前上の事であり臨床上では「各論」だけで事足りると本気で思っていました。

しかしながら私も年だけは人並みにとり経験といえば経験だし、キャリアと言えばキャリア
な訳ですが、成長や進歩の無いものは経験ともキャリアとも呼べないものと私は考えています。

個別に治す方法が分かっただけでも、確かに価値のあることと思っているのですが、全体的に
共通点を見出し、個別の攻略法ではなく、これが分かっていれば全てもものに対応出来るような
ものが学術上だけでなく、臨床上でも最も必要な事と私は考えるようになりました。

数学でいえば「理論」であったり「公式」だったりするものなのかもしれません。
「各論」を積み重ねることも重要かもしれませんが、「総論」を自分のものとしてしまいますと
意外と、初めて診る症例にも、簡単に対応出来る事は恥ずかしながら最近知りました。

近頃当院には初めて診るケースの患者さんが引っ切り無しです。それでもその患者さん方に
対応出来ますのは「総論」の力であると確信しております。今日も、そんな患者さんが来院され
ましたが、うまく対応出来、私どもスタッフも患者さんも心からの笑顔になることができました。

「どんな症例でも治せる。」と言う訳ではありませんが、基本に忠実な治療を行えれば初めて
診る症例でも「恐るるに足らず」と言ったところなのだと思っています。

 

 

中山接骨院

電話番号 028-636-3272
住所 栃木県宇都宮市六道町10-19
営業時間 午前10:00~12:00 / 午後15:30~19:00 / 土曜日(午前)9:00~12:00
定休日 日曜日 ※土曜日と祝日は午後休診です。

当店Facebookページはこちら
http://bit.ly/2dgzNZs

TOP