現代における「触診術(法)」

中山接骨院

028-636-3272

〒320-0841 栃木県宇都宮市六道町10-19

<営業時間>午前10:00~12:00 / 午後15:30~19:00 / 土曜日(午前)9:00~12:00

ブログ

現代における「触診術(法)」

院長のつぶやき

2021/04/17 現代における「触診術(法)」

今年は週末になると雨の降ることが多いですね。本日土曜日も午前中は耐えていたものの正午を
過ぎて外には出られなくなってしまい少しばかり残念です。

ひざの痛みは本当に様々です。テレビで「軟骨が減ってしまい」とか「変形してしまって」
などと良くやっています。結局はカルシュウムか何かのサプリメントを飲めば症状は改善します
と言う事なんですが、ひざのトラブルはそんな簡単なことでは一向に解決しません。

サプリメントどころか、ヒアルロン酸注射も役には立たないと某近所の大学病院の医師も声を
大にして演壇に立っていました。

確かに私も「ひざ(膝)」と「膝関節」の治療は相当に難易度の高いものと考えています。
「ひざ」と「膝関節」って違うんですか? こんな質問が来そうですね^^。と言いますか
そう言う質問 大歓迎です!

私たちの同業の方々や整形外科の先生は基本的に「骨」つまり主に「膝関節」しか診ません。
例えば整形さんですとレントゲンを撮って関節に問題がなければ「異常なし」と言う事となって
しまいます。でも、これはこれで重要なんですけどね。ただ、「ひざ」の痛みは「骨」に起因する
モノだけではないと言う事なんです。 特に現代では、レントゲンに映らない部分に原因がある
場合が多いです。全く予想だにしないところから来ている場合も少なくありませんのでご注意
ください。

ならば、MRIなら全てわかるのか?

これもレントゲンよりは良く分かりますが、完全に全てが分かるようなものでもないんです。
でも今の時代、レントゲン撮るぐらいなら最初からMRIがある所で見てもらった方がいいかも
しれません。「今時レントゲン?」と言われる時代はすぐそこまで来ている事は否定できない
まぎれもない事実ではあります。

様々な撮影機器、検査用具を用いて命にかかわるようなものではないとなったなら。これから
先 一番必要になるのは私は「触診術」だと思います。今までハイテクの話をしてきましたが
最後の最後に必要になって来るのが人間の力(能力)と聞くと今まで読んできたのは何だった?
と思われる方が多いとは思いますが、本当にそうなんです。

特に膝は皮膚の下にすぐ関節があり非常に触りやすい部位でもあります。経験のある名医ならば
レントゲンなどを撮らずとも、大体の予想はできてしまいます。関節以外の部分つまり筋肉や神経
の部分、これはもう「触診術」の独壇場です。医学には理論や学術的なものは絶対的に必要です。
ですが、人の体を治すとなると学問よりも「堪」や「感覚」が優れている人の方が臨床のような
実践では役立つことでしょう。もし、あなたの体にメスを入れる場合 器用な先生がいいか?、
不器用な先生がいいか? と問われたら答える必要なんてないでしょう^^?

MRIやCTは現代の科学の粋を集約した素晴らしい撮影装置です。これを否定するなんて事は
誰にも出来ないんですが、もしあなたが先生を選ぶのであれば、痛いところやそれに関する部位を
よく触ってくれる先生を選ぶべきです。そんな先生はきっとあなたの事を治してくれますよ。

 

 

中山接骨院

電話番号 028-636-3272
住所 栃木県宇都宮市六道町10-19
営業時間 午前10:00~12:00 / 午後15:30~19:00 / 土曜日(午前)9:00~12:00
定休日 日曜日 ※土曜日と祝日は午後休診です。

当店Facebookページはこちら
http://bit.ly/2dgzNZs

TOP