昔取った杵柄

中山接骨院

028-636-3272

〒320-0841 栃木県宇都宮市六道町10-19

<営業時間>午前10:00~12:00 / 午後15:30~19:00 / 土曜日(午前)9:00~12:00

ブログ

昔取った杵柄

院長のつぶやき

2020/11/26 昔取った杵柄

日に日に日が詰まって行き、本当に朝も夕方も日が短くなりました。太陽の位置も大変低く自宅の
奥にまで日が差し込むようになり暖かいといえば暖かいのですが、食べ物などにも日が当たりますと
これで大丈夫かな?と思うこともあり、食べ物に関しては夏も冬も要注意ですよね。

私の若い頃は「接骨院&整骨院」と言う所は、骨折と脱臼だけを扱うと言う訳ではありませんが、
基本的にはそれと、それ以外の外傷 例えば「捻挫」や「肉離れ」も多く扱う事が常でした。

現在の「接骨院&整骨院」では、私の知る限り外傷を扱っている院は非常に少ないです。腰や肩の
痛みに対しマッサージを行う所といった認識になっているケースがほとんどで、ましてや「骨折」や
「脱臼」を診てもらうなんて言うことは相当前からやっているよほど信頼のある院でなければならない
でしょうね。

そんな訳で、実は今の中山接骨院では、当時の接骨院のように骨折や突き指、肉離れの患者さんが
多くおいでになっています。たまたまそのような患者さんが重なったものとは思いますが、久しぶりに
当時のような感覚で仕事が出来て何とも言えず懐かしいと言いますか、嬉しい感覚に満ちています。

元々当院は捻挫や肉離れは非常に多いんですが、ここに来て、鎖骨の骨折、肋骨の骨折、足指の
骨折 前腕の骨折など何年か分を一か月でやっているような感じになっています。

特に鎖骨骨折は緊張感があります、どうしても転位しやすい骨折ですので、毎日気を使いますよ!
小学生の患者さんなので、一週間から十日程度で、50~60%はくっついたかな、一昨日あたりから
「痛い」というようなことを聞かなくなりました。

肋骨に関しましては当院では「肋骨ベルト」を用いずに、固定用のテーピングテープを使用します。
日本中の大抵の院ではベルトを使うと思いますが、当院では固定期間が半分以下で済むテーピングで
固定を行い良好な結果を導きだしています。

月日が過ぎるのは本当に早いものです。私が見習いだった昭和という時代は「接骨院&整骨院」が
骨折や脱臼を担っていました。看板をだしている院ならそれなりの治療はできたはずですが、現在では
その様なことが出来る院は極めて少なくなっています。
私も、昭和という時代に今の礎を学んだ為にこのような治療をする事も出来ますが、そうでなかった
ら、マッサージだけの治療を一日中やっていたのでしょうか?想像するだけでも怖いですが、当院は
現代の需要を微弱電流治療器で満たし、昔からの骨折や脱臼、肉離れにも随時対応できる新旧合わせ
持つ院としてこれからも誇りを持ちつつ治療を行いたいと思っています。

 

 

中山接骨院

電話番号 028-636-3272
住所 栃木県宇都宮市六道町10-19
営業時間 午前10:00~12:00 / 午後15:30~19:00 / 土曜日(午前)9:00~12:00
定休日 日曜日 ※土曜日と祝日は午後休診です。

当店Facebookページはこちら
http://bit.ly/2dgzNZs

TOP