「ノースロー(投球禁止)」とは言いません。

中山接骨院

028-636-3272

〒320-0841 栃木県宇都宮市六道町10-19

<営業時間>午前10:00~12:00 / 午後15:30~19:00 / 土曜日(午前)9:00~12:00

ブログ

「ノースロー(投球禁止)」とは言いません。

院長のつぶやき

2020/11/19 「ノースロー(投球禁止)」とは言いません。

昨日、一昨日になるかな? 中学野球のお子さんが当院(中山接骨院)に来院されました。
野球のお子さんの来院は、全く珍しくないため、「どこが痛いのかな?肘?」と聞くと、「痛い訳
ではありません、違和感があるだけです。」との事。

中学校では主戦(エース)投手なんだそうですが、「肘を伸ばしてください。」と言うと伸ばして
くれるんですが、完全には伸び切らないんです。よう、完全に伸展すると180度な訳ですが7~8度
位足りないというか、、伸び切らないという感じでした。

この程度の「野球肘」は決して軽い程度の「野球肘」ではありません。どちらかというと中程度を
通り越して「重い」程度に入ります。一度曲がってしまった肘を元に戻す事は非常に至難で、基本的に
は元に戻りません。もちろん「ノースロー(投球禁止)」は、言うまでもありません。一般的には。

こんなになっているのに「違和感」しか感じないというのはどう考えてもおかしいので、もう少し
お話をしてみると、はっきり言って相当前からかなり痛いとの事。治療が必要な事は分かっているの
ですが、どこに行っても「ノースロー」と言われるだけで、治療らしい治療は受けた事が無くですから
どこに行っても全く良くなる事が無かったとのこと。

「なるほど、そう言う事なんだ。でも、うちでは痛みをとったり肘が伸びるようになる治療もする
けど、ノースロー(投球制限)はないよ。」と言いますと、「ボール投げて良いんですか?」とのこと
「もちろん、いいよ。その代わりちゃんと来てね。」

この当日の治療だけでも投球時の痛みもかなり取れ、肘の伸展もかなり良くなり、本人さんもかなり
興奮していました。昨日も来てくれて、同じような治療を行いましたがさらに良くなったのは明白で
した。今日は部活動ですのでこの後、来てくれるかな?

このお子さんの話は「野球肘」のお子さんの、本当に一般的な一例です。どこに行っても「野球肘」
となりますと、「2か月間はノースローね。」と言われ、治療といえば簡単なマッサージだけで、
2か月我慢して、痛みは取れたような感じがしていたのに実際投げてみると全然良くなっていない。
更に、「2か月はノースロー。」なんて言われると、これって何時になったら治るの?と、この子で
なくても、「これでいいのか?」と思うことは必至ですよね!

「お約束します。」当院では、「野球肘」に関しまして、「ノースロー」とは申しません。
このお子さんも含め、皆さんボールを投げながら「野球肘」を治しています。「野球肘」の治療は
非常に困難です。投げながら治すなんて狂気の沙汰かもしれません。でも、実際治っていますし、
そのような患者さんが当院の門を敲き続けています。

このブログを読んでいただいているあなた、またはあなたのお子さんの肘私に見せてくれませんか?
もしかしたらお役に立てるかもしれません。

 

 

中山接骨院

電話番号 028-636-3272
住所 栃木県宇都宮市六道町10-19
営業時間 午前10:00~12:00 / 午後15:30~19:00 / 土曜日(午前)9:00~12:00
定休日 日曜日 ※土曜日と祝日は午後休診です。

当店Facebookページはこちら
http://bit.ly/2dgzNZs

TOP