オリジナルな治療法です。「坐骨神経痛」の巻

中山接骨院

028-636-3272

〒320-0841 栃木県宇都宮市六道町10-19

<営業時間>午前10:00~12:00 / 午後15:30~19:00 / 土曜日(午前)9:00~12:00

ブログ

オリジナルな治療法です。「坐骨神経痛」の巻

院長のつぶやき

2020/11/18 オリジナルな治療法です。「坐骨神経痛」の巻

「腰痛」に関しましては今までも相当ブログに書き込んでいますが、ここ数年本当に多いのが
「坐骨神経痛」です(あくまでも当院比)。

今日は専門的に言わせていただきますが、「坐骨神経」は腰椎の3~5番にあります「腰神経叢」
という所から出ましてお尻のインナーマッスルである「梨状筋」の隙間を通り大腿部の後方に出ます。

(良く知りたい方はウエブの画像を検索いただきますと、私の説明よりはるかに詳しく出ております
ので、ご覧ください。本当にたくさん出てきますよ^^!)

繰り返しになりますが、「坐骨神経」は腰椎の3~5から出ていますので、学校では「ここを治療
しなさい!」とご指導を受けます。しかし、実践(臨床)で直面するのは、学校で言われた通りに
治療をしても、全く良くならないということなんです。

最初の何年かは、私の技術が未熟なので治す事が出来ないのかな?と思っていたのですが、結局
10年程度同じようなことをやっても、よくなることはありませんでした。これは多分私だけでなく
治療する人間ならば誰でも感じることだと思います。思い切って同級生や先輩、挙句は後輩などにも
「坐骨神経痛」の治療のことを聞いてみたのですが、誰一人「坐骨神経痛は治るよ!」といった人間は
おらず、それどころか「中山、坐骨神経痛なんてどんな事しても治らないよ!」といわれる始末。

研究会や学会での質問も煙に巻かれるケースが多く、誰も治す事の出来る術者を見つける事は出来
ませんでした。

しかし、理論上は治る事になっていましたので、私なりにやり方を変えて、研究を重ねていると
「坐骨神経」は腰椎の3~5から出ているものの、実際に触りやすい(治療しやすい)のは臀部の
梨状筋沿いであることが分かりました。
更に治療法によっては、筋肉も神経も同じやり方で緩めてあげる事が出来ると言った事も分かり
ましたので(神経や筋肉は同種のたんぱく質で出来ている)、その方法で治療を行うと症状が消える事
が分かりました。

研究に相当の年数が掛かりましたが、独自の方法で解決策を導けたのは何とも言えず嬉しいものです
当院(中山接骨院)では「坐骨神経痛」に限らず「野球肘」や「ランナーズニー」「オスグッド」
「足底筋膜炎」「シンスプリント」「40肩50肩」「むち打ち症」等々非常に高い難易度の症例に
独自の治療を施し好結果を得ています。

初めて当院にお見えになる方は、今まで経験のない治療法に戸惑う方もいらっしゃいますが、
お帰りの際には大抵 笑顔になられますので、楽しみに(?)来院していただけましたら幸いです。

 

 

中山接骨院

電話番号 028-636-3272
住所 栃木県宇都宮市六道町10-19
営業時間 午前10:00~12:00 / 午後15:30~19:00 / 土曜日(午前)9:00~12:00
定休日 日曜日 ※土曜日と祝日は午後休診です。

当店Facebookページはこちら
http://bit.ly/2dgzNZs

TOP