昨日の「神経痛」に加えて

中山接骨院

028-636-3272

〒320-0841 栃木県宇都宮市六道町10-19

<営業時間>午前10:00~12:00 / 午後15:30~19:00 / 土曜日(午前)9:00~12:00

ブログ

昨日の「神経痛」に加えて

院長のつぶやき

2020/09/05 昨日の「神経痛」に加えて

昨日は「坐骨神経痛」の治療についてのみ書いてしまいまして、一部書き忘れてしまったことが
ありましたので、書き加えます。申し訳ありません。

それは、主に足に出やすい症状についてです。言わずと知れて「坐骨神経痛」の治療は腰部と臀部
の治療がメインになります。しかし、症状が主に出るのは足であり、それは痺れだったりします。

当院にお見えになる患者さんは、ご自身が「坐骨神経痛」であると自分で察したり、予め整形外科
などで、診断を受けてから来院される方が非常に多く、ある程度、自分の病気について基礎知識が
ありますので、私どもも、説明が楽ではあります。

しかし、足が痺れるから何が何でも「坐骨神経痛」か?  と言われますと実は勝手が違って来て
しまいまして、足が痺れる神経痛は坐骨神経痛が全てではないという結論に達します。足が痺れる
神経は腓骨神経などもありますが、こちらは比較的治療が容易な神経で、よく「坐骨神経痛」と混同
されることがありますが、なったく異なる神経となります。

昨日書いた「坐骨神経痛」は腰とお尻の治療が中心という話ですが、実際は足の治療も必要な場合
もあり、患者さんによって、治療法を変えて行かなくてはならない事こそ、神経痛は治らないとか、
一筋縄では行かない、と言われるゆえんでもある訳なんです。

治療する側の人間がこんなこと言ってはいけないんですが、実際、神経痛の治療はかなり神経質に
なります。特に「坐骨神経」が出ている部分は人によってかなりの違いがありますので触診法により
確認して初めて治療が行える、非常に職人気質が必要な治療法と言っても差し支えないと思っています

「神経痛の治療とはこういうものだ!」という明確なものは本当は無いのかもしれません。
しかし、諦めず指先の感覚だけを頼りに神経を追って行く事を止めなければ、神経痛の治療はそれ程
困難なものではないと私は信じています。

 

 

中山接骨院

電話番号 028-636-3272
住所 栃木県宇都宮市六道町10-19
営業時間 午前10:00~12:00 / 午後15:30~19:00 / 土曜日(午前)9:00~12:00
定休日 日曜日 ※土曜日と祝日は午後休診です。

当店Facebookページはこちら
http://bit.ly/2dgzNZs

TOP