骨膜炎の治療について

中山接骨院

028-636-3272

〒320-0841 栃木県宇都宮市六道町10-19

<営業時間>午前10:00~12:00 / 午後15:30~19:00

ブログ

骨膜炎の治療について

院長のつぶやき

2019/11/07 骨膜炎の治療について

皆様は骨膜炎というものをご存知でしょうか? 私のブログの中には度々登場するワード
なんですが、あまり一般的なものとは言えません。私の日々の治療や、研究(私はこれが好き)
の中で、頑固な腰痛や首の痛み、変形性膝関節症を含む膝の痛みなど一般的に治らないと言われる
症例は、実は骨膜炎になっている可能性が高いと言う事なんです。

骨膜とは骨の本体(カルシウム質)を覆うサランラップのように薄い膜で成り立っています。

この部分に衝撃がありますと、この骨膜が炎症を起こしてしまいます。本当に薄い膜なので、
殆んど厚みを感じません。しかし、場合によってはこの骨膜だけでも2mm近くの厚みとなって
しまいます。すると、強い痛みとなってしまうんです。

この骨膜炎が起きやすい場所として、首や膝、足首、手首などがあります。最近は腰なんかも
ですね(腸骨骨膜炎)。長年治らずに困っているむち打ち症なんかもそうですね。

骨膜炎は残念ではありますが、通常の治療では治すことが出来ません。一時落ち着いて治った
かな?なんてこともありますが、治ることは無く暫くしますと更なる痛みがあなたを襲います。
私も膝でこれが起きた事があるんですが、場合によっては歩くこともままならなくなる事もあり
本当に困る疾患の一つと言えます。

筋肉ではなく骨膜の炎症ですから、マッサージや湿布は全く効きません。整形外科に行って
痛み止めを貰った患者さんでも、「飲んでも痛みはとれなかった。」という方ばかりで、実際は
効果がないようです。

当院では、この難治性疾患である骨膜炎に対し、独自のアプローチで治療を行っています。
この治療法は私のオリジナルですので、誰かに教わったものではありません。様々な試行錯誤の
中から導き出した方法で、近年制度が非常に高まりましたので、ブログでも紹介するようになり
ました。

元を正せば自分の骨膜炎を治せたんだから、患者さんの骨膜炎も当然治せるはず。という
スタンスから始まりました。最初は良くなるけど、非常に痛い方法だったので、はばかられました
が、数年間の研究であまり痛くない程度まで改善することが出来るようになりました。

これならば、万人に治療として施術することが出来ますし、何といっても治らなかったものが
治る訳ですから、患者さんも嬉しいでしょうし、私も気分がいいですから( ^ω^)・・・

 

 

中山接骨院

電話番号 028-636-3272
住所 栃木県宇都宮市六道町10-19
営業時間 午前9:00~12:00 / 午後15:00~19:00
定休日 日曜日 ※土曜日と祝日は午後休診です。

当店Facebookページはこちら
http://bit.ly/2dgzNZs

TOP