寒くなるとランナーズニー(腸脛靭帯炎)の患者さんが増えます

中山接骨院

028-636-3272

〒320-0841 栃木県宇都宮市六道町10-19

<営業時間>午前10:00~12:00 / 午後15:30~19:00

ブログ

寒くなるとランナーズニー(腸脛靭帯炎)の患者さんが増えます

院長のつぶやき

2019/10/08 寒くなるとランナーズニー(腸脛靭帯炎)の患者さんが増えます

10月に入りますと一気に気温も低下し、秋も真っただ中と言った感じになりましたが皆様
いかがお過ごしでしょうか? 当院(中山接骨院)は31日のハロウインに向け(?)少し
ばかりの飾りつけをしたりして楽しんでいます。当院のイメージカラーがオレンジと言う事も
あるのかもしれませんが、何だかハロウインって楽しそうですよね^^。

暦の枚数が少なくなってきますと、足のトラブルが非常に多くなります。つまり、これからは
走るスポーツの季節だからです。そして、野球も一部のチームを除き冬季用のトレーニングに
既に入っています。これも、ラントレ&筋トレが中心になります。

ストレートに言いますと、最も多い症例が、ランナーズニー(腸脛靭帯炎)になります。
特に長距離系の選手はこの症状に苦しめられる方が多いです。

一度 発症すると治らないとまで言われますこの、ランナーズニー(腸脛靭帯炎)なんですが
お察しの通り、当院(中山接骨院)には年間相当数のランナーズニー(腸脛靭帯炎)の患者さん
がお見えになります。そして、その7~8割が冬季に集中します。

一番多いのが長距離系の方、そして次がバスケットボールの方かな?3番手以降は様々ですね。

ランナーズニー(腸脛靭帯炎)でお見えになる患者さんは大抵 悲壮感漂う表情で来院されます
多くの方は当院が何件目の院なのか既に分からなくなっている方もいらっしゃいます。
数年、または10年以上苦しんでいる方も決して珍しくなく、「もう、走る事は諦めてます。」
なんて、泣き顔の方もいらっしゃるぐらいです。

今回はランナーズニー(腸脛靭帯炎)の治療法に付きましては残念ながら割愛させて頂きます
が、実際の所、当院(中山接骨院)ではこのランナーズニー(腸脛靭帯炎)は、結構簡単に
治しています。似たようなものに鵞足炎や、お子さんが発症しますオスグッドシュラッテル氏病
などもありますが、どれも、メカニズム的に非常に良く似ておりますので、同じような手順で
治すことが出来ます。(もちろん症例により部位や筋肉は異なりますよ^^!)

ランナーズニー(腸脛靭帯炎)やオスグッド、鵞足炎で長い事悩んでいる方はにわかには信じ
られないとは思いますが、本当なんですよ、当院(中山接骨院)ではこのような症例が治った方が
次の患者さんを紹介してくれるようなスタイルで、この症例の患者さんが非常に多くなりました。

冬場は更に多くなり、毎日少なくも何人かはお見えになりますよ。

初めて私のブログを読んで戴いた方は、「あり得ない!」と感じると思いますし、私もこの
ブログを何も知らないで見たら「嘘ばっかし!」と思います。もしあなたが、私のブログに興味を
持っていただいたなら、先ずはお電話でも対応しますので、ご連絡ください。

でも、毎年多くの方々がこのランナーズニー(腸脛靭帯炎)から解放されている事実は
紛れもない真実なのです。

 

 

中山接骨院

電話番号 028-636-3272
住所 栃木県宇都宮市六道町10-19
営業時間 午前9:00~12:00 / 午後15:00~19:00
定休日 日曜日 ※土曜日と祝日は午後休診です。

当店Facebookページはこちら
http://bit.ly/2dgzNZs

TOP